不動産投資は物件が大切|オーナーになるなら賢く学ぼう

住宅

間接投資を考えよう

笑顔の男の人

株式投資をしよう

不動産投資というと中古ワンルームマンションや1棟アパートを購入して家賃収入を得るということが一般的です。しかし、他にも不動産投資の方法は色々あります。その1つが賃貸経営をしている不動産会社に株式投資をするということです。最近では本業とは別に賃貸物件を保有して家賃収入を得ている企業や、不動産会社が賃貸経営を重視するケースが増えています。不動産投資による安定収益の確保が重要視されているわけです。このような賃貸経営をしている企業に株式投資をするメリットの1つは個人では到底購入することができないような大型の収益物件にも投資をすることができるということです。企業による不動産投資となればその規模も大きくなります。

倉庫会社に注目しよう

メリットの2つ目は手間がかからないということです。中古ワンルームマンションや1棟アパートを保有するとなると、管理や運営を自ら行う必要があります。しかし、不動産投資をしている企業に株式投資をすれば管理や運営は企業が行います。不動産投資を積極的に行っており、事業割合が高い業種が倉庫業です。すでに多くの不動産を保有しており、この不動産を有効活用するために大型ファミリータイプマンションやオフィスビル等を建設して貸し出しています。倉庫会社の中には、今、人気の湾岸エリアに多くの土地を持っているところも少なくありません。個人ではなかなか投資できないエリアでもあるので、倉庫会社を通じて間接的にその恩恵を受けるのも面白い選択肢です。