不動産投資は物件が大切|オーナーになるなら賢く学ぼう

住宅

好条件が揃っています

一軒家

資金流入が続きます

収益物件を購入して不動産投資をしようと考えているのであれば、今が始め時です。収益物件で利益が出るための良い条件がいろいろ揃ってきました。その1つは不動産価格上昇の勢いが出てきたことです。20年近くにわたるデフレーションの時代が終わり、ようやくインフレーションの時代が見えてきました。物価上昇に伴い、不動産価格の上昇も期待され、将来のインカムゲインを狙い、中古ワンルームマンションや1棟アパート、オフィスビル等の収益物件を購入する個人投資家や機関投資家が増えてきています。国債の運用利回りが低下し、投資商品が絞られてくる中で、不動産投資への資金流入が加速しています。この流れは今後もしばらく続くものと期待されています。

借入を利用しよう

2つ目は借入金利の低下です。現在、銀行は事業資金の貸出を伸ばすことができずに苦戦しています。企業がお金をなかなか借りてくれないからです。そのため、資金需要が比較的ある不動産投資へお金が流れています。すでに不動産投資への融資の分野でも金利競争が始まっており、じわじわと金利が下がっています。そして、最近ではマイナス金利が導入され、さらに金利が低下すると予想されています。不動産投資をする人にとっては、金利コストが減り、利益が増えることになります。不動産価格が上昇し、表面利回りが低下しているとはいえ、金利コストの減少により、最終的な利益にはあまり大きな影響とはなっていないのです。借入を利用した不動産投資はまだまだ利益を出せる状況なのです。